スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<口蹄疫>コブクロの小渕さん、今井美樹さんらと宮崎応援歌(毎日新聞)

 感染拡大が止まらない宮崎県の口蹄疫(こうていえき)。故郷の非常事態を受け、著名人にも支援の輪が広がっている。小渕健太郎さん=宮崎市出身=と黒田俊介さん=大阪府出身=の人気歌手ユニット「コブクロ」と、同県高鍋町出身の歌手、今井美樹さんと夫の歌手、布袋(ほてい)寅泰(ともやす)さんは県を勇気付けようと共同で歌を作った。小渕さんと布袋さんが10日付のそれぞれのブログで明らかにした。

 タイトルは「太陽のメロディー」。小渕さんは自身のブログで「宮崎県の人の心一つ一つが僕らのところに集まって作らせてくれた特別な歌」と記した。布袋さんもブログで「2人の故郷を愛する気持ちが歌となり、苦境の最中にいる宮崎の皆さんの心に少しでも安らぎを届けられたら」とつづっている。

 発表方法は未定だが、録音は布袋さんのスタジオで行われ、ギター2本によるシンプルな曲だという。

 また、県を通じて300万円を寄付した宮崎県都城市出身の俳優、永瀬正敏さんも、インターネット上に支援を呼びかけるチャリティーサイトを開設。約20人の写真家らが「希望を」をテーマに作品を発表し、宮崎への支援を呼びかけている。【川上珠実】

【関連ニュース】
口蹄疫:宮崎など3市、埋却作業終了
口蹄疫:自民政調会長、参院選延期を要請
口蹄疫:宮崎市の豚、日向の牛が陽性…宮崎の運動公園閉鎖
口蹄疫:菅首相、12日に宮崎を訪問
口蹄疫:篠原副農相が宮崎入り

<動画>「ユーチューブ」使い違法配信 中3少年を逮捕(毎日新聞)
菅首相、不透明な対北朝鮮スタンス(産経新聞)
「悲しみの中にも希望が」=岩手・宮城内陸地震2年で追悼式(時事通信)
横浜・弁護士刺殺、犯行現場にスタンガン(読売新聞)
<菅首相>「元気が出た」…出身地の山口・宇部を訪問(毎日新聞)
スポンサーサイト

電通社員 副業でパブ経営 ホステスらの在留資格偽り逮捕 入管法違反容疑 神奈川県警 (産経新聞)

 在留資格を偽ったフィリピン人を雇って外国人パブを経営していたとして、大手広告会社「電通」の社員が入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、神奈川県警に逮捕されていたことが28日、捜査関係者と同社への取材で分かった。

 逮捕されたのは、相模原市中央区南橋本の電通社員、鈴木修一容疑者(48)。県警によると、「遊興費などで約4300万円の借金があった」と供述、副業として違法にパブを経営していたことを認めているという。

 県警の調べによると、鈴木容疑者は平成18年8月から今年5月まで、経営する神奈川県愛川町のパブで、不正に入国させたフィリピン人の男女4人=同法違反容疑で逮捕=をホステスや店員として雇った疑いが持たれている。

 鈴木容疑者は愛川町に実体のないホームページ制作会社をつくり、フィリピンの関連会社からウェブデザイナーとして転勤させる名目で日本の在留資格を取得させていた。

 電通広報部は「当社の社員が逮捕されたのは大変遺憾。容疑内容については確認中」と話している。

【関連記事】
現地で結婚式も フィリピン女性と偽装結婚仲介 パブ経営者逮捕
かけるチーズ、パブでブームに
キャバクラ経営者起訴 2億8千万円脱税
キャバ嬢から天引きの所得税を脱税 経営者逮捕
「出会い系喫茶」「偽装ラブホテル」を規制へ 風営法改正 警察庁
iPadが上陸

<放火>自宅に火をつけた83歳の男逮捕 北海道・旭川(毎日新聞)
普天間14年移設、ずれ込みも=外相(時事通信)
辻氏に説明要請へ 検審質問 自公「政治介入許せぬ」(産経新聞)
国内最古級の土偶発見=1万3000年前―滋賀・相谷熊原遺跡(時事通信)
EPA介護福祉士候補者向け「日本語学習用Web辞書」公開(医療介護CBニュース)

北朝鮮へ不正輸出容疑=古物販売会社を捜索―鳥取県警(時事通信)

 取引が禁止されている北朝鮮に、ぜいたく品などを不正輸出したとして、鳥取県警は24日、外為法違反の疑いで、同県境港市の古物販売会社「ファースト商会」の事務所など十数カ所を家宅捜索した。
 県警によると、同社は昨年2月ごろから秋ごろにかけて、ピアノなどのぜいたく品を、中国・大連経由で北朝鮮に不正輸出した疑いが持たれている。
 県警は、会社事務所などから押収した帳簿を調べるほか、関係者から事情を聴く。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】緊迫!朝鮮半島~哨戒艦事件、北魚雷攻撃と断定~
〔写真特集〕世界のミサイル
〔写真特集〕最近の金正日氏~奇跡の復活~
〔写真特集〕若き日の金正日氏~知られざる素顔~

児童買春担当の警官が女子中学生とわいせつ行為/神奈川県警(カナロコ)
北日本太平洋側、大雨恐れ=大しけにも注意―気象庁(時事通信)
公示まで1か月、公認候補者は340人(読売新聞)
<日米会談>両国防衛相、緊密な連携で一致(毎日新聞)
北沢防衛相、23日にも訪米で最終調整(読売新聞)

三セク元所長逮捕へ=回数券着服、被害2億円か-大阪府警(時事通信)

 大阪市の第三セクター「大阪港トランスポートシステム」(住之江区)のトンネル通行回数券約1万1000枚(約2億2800万円相当)が所在不明になった問題で、大阪府警捜査2課は17日、回数券を管理していたトンネル管理事務所の元所長(62)が着服した疑いが強まったとして、近く逮捕する方針を固めた。
 同社などによると、元所長は「大阪港咲洲トンネル通行回数券」の100回券(1万5000円)や60回券(1万円)などを着服した疑いがあるという。同社は昨年夏、元所長を告訴した。
 元所長は回数券の管理や販売を担当していたが、体調不良を理由に昨年1月、依願退職。同社の聞き取り調査に対し、「知らない」と話していた。 

【関連ニュース】
元公認会計士を逮捕=ファンドから30億横領容疑-FXに使う・警視庁
10億円着服容疑で逮捕=近鉄子会社の元社員
高砂熱学工業の元経理社員逮捕=1億余横領容疑
会社預金7000万円着服か=容疑で元役員逮捕
JA課長補佐が2900万円着服=掛け金ごまかし「馬券に使った」

小沢氏、3回目聴取=事件関与、改めて否定―陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)
「宮崎牛」種牛は避難、移動制限区域内だが特例(読売新聞)
「肩代わり法案」参院厚労委で可決-12日の本会議で成立へ(医療介護CBニュース)
村井知事が再選不出馬表明へ=長野県(時事通信)
温暖化解決の根拠のはずが…揺らぐIPCCレポートの信用性(産経新聞)

主力品の伸長もライセンス収入の減少で減収―旭化成・医薬事業(医療介護CBニュース)

 旭化成は5月10日、今年3月期(昨年度)決算を発表した。排尿障害改善薬フリバスなど主力品が好調だった一方、前年度にマルホへの帯状疱疹治療薬ファムビルの国内販売権の譲渡に伴うライセンス収入を計上した反動でライセンス収入全体が減少し、医薬事業の売上高は前年度比58億円減の608億円だった。

【国内医療用医薬品売上高詳細】


 主力品上位3品目の国内売上高を見ると、骨粗鬆症治療薬エルシトニンが140億円(前年度比8億円増)、フリバスが137億円(39億円増)、免疫抑制剤ブレディニンが65億円(3億円増)と、いずれも増収だった。フリバスが大幅に伸長したのは、2008年4月に旭化成がロシュ社から販売権を含むすべての権利を譲り受け、シェリング・プラウとの共同販売を解消し、旭化成に販売を一本化したため。

 医薬品のほか医療機器の製造・販売などを含めた医薬・医療事業では、売上高が1132億円(64億円減)、営業利益が40億円(80億円減)と、減収・減益だった。今年度の業績については、08年5月に発売した抗血液凝固剤リコモジュリンなどの拡大や、人工腎臓APSとウイルス除去フィルタープラノバの海外向けを中心とした販売数量の増加などを見込んでいることから、売上高1230億円、営業利益90億円の増収・増益となる見通し。

 全体の売上高は、1兆4336億円(7.7%減)だった。利益面では、営業利益が576億円(64.8%増)、経常利益が564億円(73.4%増)、純利益が253億円(433.0%増)。
 今年度の業績予想は、売上高1兆6770億円、営業利益800億円、経常利益775億円、純利益425億円を見込んでいる。


【関連記事】
アバプロ、ロナセン、プロレナールで360億円に―大日本住友製薬
最主力の骨粗鬆症治療薬がけん引し、売上高微増―帝人
抗生物質の売り上げ減などで医療用医薬品0.5%減―塩野義
新規緑内障治療薬の開発・販売権を米バイオベンチャーに供与―旭化成ファーマ
新発売や販売一本化などで売上高14%増―鳥居薬品

九尺藤 カーテンのような花房 兵庫・丹波で見ごろ(毎日新聞)
普天間問題 首相「徳之島」固執の根拠 防衛利用で覚書 返還時(産経新聞)
もんじゅ立ち入り検査=試運転控え、保安院-福井(時事通信)
「牛と衝突」軽乗用車大破、男性重傷 (読売新聞)
滋賀県知事選 ダブル選狙いで“暫定日程”(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。