スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙谷氏の「同日選」発言に閣僚ら非難(産経新聞)

 仙谷由人国家戦略担当相が、鳩山由紀夫首相が退陣した場合の衆参同日選の可能性に言及したことに対し、20日の記者会見で他の閣僚から批判が相次いだ。

 中井洽国家公安委員長は「与党慣れしていない。解散に触れることはまったくタブーだということが染みこんでいない」と発言。赤松広隆農水相も「(同日選は)あるわけがない。選挙を知らない人が言うことだ」と述べ、千葉景子法相は「仙谷氏の嗅覚(きゆうかく)なのか、鋭い政治感覚なのか、私には分かりません」と皮肉交じりに答えた。

 仙谷氏と近い枝野幸男行政刷新担当相は「(首相退陣という)その仮定が成就しないように一生懸命やっているのが政治家、大臣としての立場だ」と指摘。前原誠司国土交通相も「解散は首相の専権事項。首相から任命をされた大臣が、軽々に発言するのはいかがなものか」と苦言を呈した。

 仙谷氏自身は「(発言を)切り取ってある種の筋書きに当てはめられるから、こういう報道が乱れ飛ぶんだ。お書きになるのは自由なので、いくらでも書いてください」と述べた。

【関連記事】
「解散は国家戦略ではない」直嶋経産相
閣僚が越権発言 鳩山政権に末期症状
官房長官、仙谷氏の衆参同日選発言を批判
鳩山政権 余命1カ月? 閣僚から「衆参同日選」発言
仙谷氏同日選発言に不快感 社民・福島党首
<山崎宇宙飛行士>「ママ、お帰り」家族ほっと(毎日新聞)
坊っちゃんは新潟出身? 帝大時代の漱石教え子説(産経新聞)
中国政府の正当化、防衛相が再抗議 護衛艦へのヘリ近接飛行「極めて危険」(産経新聞)
<外国人地方選挙権>議員にヤジと喝采乱れ飛ぶ…反対派会場(毎日新聞)
ツヤツヤイチゴをどっさり乗せて イチゴのタルト(産経新聞)
スポンサーサイト

舛添氏、東国原氏と会談 新党構想に触れず 自民内で批判「オオカミ中年」だ(産経新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相(61)は15日午後、参院議員会館で東国原英夫宮崎県知事(52)と約40分会談し、地方分権推進に向け協力していくことで一致した。新党構想については話題に出なかったという。舛添氏は引き続き東国原氏や橋下徹大阪府知事(40)との連携を深め、存在感をアピールしていく構えだが、自民党内からは、新党結成をちらつかせる舛添氏に対する批判が一気に高まっている。

 東国原氏によると、舛添氏は夏の参院選前にまとめる政策集に東国原氏の地方分権への意見を反映させたいとの考えを示した。東国原氏は「地方税財源の確保など権限や財源の移管について政策を打ち出すなら応援する」と応じたという。

 15日朝の自民党の全議員懇談会では、舛添氏について谷垣禎一総裁に厳しい対応を求める声が相次いだ。平沢勝栄衆院議員は「総裁の『みんなでやろうぜ』は分かるが、もっと非情になってほしい」と求めた。

 懇談会終了後も議員たちの舛添氏への批判は収まらず、後藤田正純衆院議員は「党を出るなら出ればいいが、このままでは『オオカミ中年』だ」と痛烈に皮肉った。

抗うつ薬サインバルタを新発売―塩野義とリリー(医療介護CBニュース)
<村本さん死亡>東京・青山葬儀所で告別式 500人が別れ(毎日新聞)
厚労省室長、ウソ人事情報で部下から100万(読売新聞)
独法仕分けに意見602件 「不用施設は売却」「天下り禁止を」(産経新聞)
【産科医解体新書】(84)塩分取りすぎ どう防ぐ(産経新聞)

パトカー追跡のバイク、列車と衝突=けが人なし、男2人が放置して逃走-三重(時事通信)

 14日午後9時35分ごろ、三重県四日市市茂福町の遮断機が降りた近鉄名古屋線の踏切内に、男2人が乗った原付きバイクが進入し転倒した。2人は逃走したが、バイクは放置され、五十鈴川発名古屋行きの急行が衝突。県警四日市北署によると、約250人の乗客がいたが、けが人はいなかった。バイクはパトカーが追跡中で、同署は道交法違反(2人乗り)や往来危険の容疑で、2人の行方を追っている。 

【関連ニュース】
パトカーと軽衝突、女性骨折=群馬
パトカー追跡の車が事故=2人けが、運転手を逮捕
追跡中のパトカーが衝突事故=警官2人が軽傷
パトカー追跡中、3台衝突事故=巡査部長ら2人死亡
覚せい剤使用容疑で大阪市職員逮捕=「1年前ぐらいからやった」

所沢市の公園にこいのぼり350匹(産経新聞)
村本さん死因は失血死=司法解剖で警視庁(時事通信)
<殺人>長男が家族5人刺す 父親と乳児死亡 愛知県豊川市(毎日新聞)
「起こるべくしておこった」石破氏、日米会談で普天間進展なし批判(産経新聞)
スカウト組織から女性紹介=容疑で風俗店経営者ら逮捕-警視庁(時事通信)

普天間移設 実務者協議見送り 米大使、地元合意に懸念(産経新聞)

 ルース駐日米大使は9日夕、岡田克也外相と外務省で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題をめぐり意見交換した。ルース氏は日本政府が提示した移設検討案について、移設先の合意が得られるのか懸念を示し、十分な説明を求めた。これを受け政府高官は9日夜、「来週の実務者協議はない」と述べ、週明けに予定していた協議が見送りになったことを明らかにした。鳩山由紀夫首相が目指す5月末までの決着は極めて厳しい情勢となった。

 米側は移設先の地元合意が得られるかを重視している。日本政府が地元の同意を得られないままで実務者協議に応じた場合、日本側から「責任」を押しつけられかねないとの警戒感があるものとみられる。

 ゲーツ米国防長官は3月末に米ワシントンを訪問した岡田氏との会談で、「この場では求めないが、地元合意はとれているのか」と求めたという。ルース氏も岡田氏に地元との調整の現状の確認を改めて求めた。

 実務者協議は、先月末の日米外相会談で、岡田氏が提案した。ワシントンで週明けに開催する方向で調整。日本側から須川清司内閣官房専門調査員、冨田浩司外務省北米局参事官、黒江哲郎防衛省防衛政策局次長が、米国側からドノバン国務次官補代理、シファー国防次官補代理らが出席する予定だった。

 日本側は、政府内で検討しているキャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上部に600メートル級のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)を造る案や、徳之島(鹿児島県)に移設する案を説明し、実現可能性について実務者レベルで検討を進める方針だった。だが、移設先とされる各自治体は反対の姿勢を崩しておらず、現状で米側に十分な説明を行うのは困難な情勢だ。

【関連記事】
政権崩壊まっしぐら?「次は菅総理」黄門様の発言が波紋
「普天間が一番」 疲れの原因聞かれて首相
まるで合コン…首相、夕食会でオバマ隣席を狙う
首脳会談先送り 国益を損なう異常事態だ
対日圧力増す、米たたみかけ 日米、牛肉問題協議再開で合意
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<参院改革協>来年中に具体案作成へ…今夏1票格差是正断念(毎日新聞)
<富士通>野副元社長、損害賠償提訴へ 取締役数人相手に(毎日新聞)
<伊万里市長選>塚部氏が3選 佐賀(毎日新聞)
どこか違う?「宇宙カボチャ」 初収穫、種は全国の小学校に(産経新聞)
ガス業界、熱利用の新インフラ スマートグリッドに対抗(産経新聞)

立体駐車場から転落? 男女2人死亡 神戸(産経新聞)

 2日午後9時半ごろ、神戸市中央区東川崎町の路上に男女2人が倒れているのを通行人の女性が発見。通報を受けた生田署員が駆けつけたが、2人は全身を強く打っておりまもなく死亡した。同署は身元確認を急いでいる。

 同署によると、2人はいずれも50~60歳ぐらいで、近くにある9階建ての立体駐車場からは女性が乗っていたとみられる車が見つかった。通行人の女性は発見直前に「ドン」という音を聞いたといい、けがの状況などから同署は、何らかの理由で2人が立体駐車場から転落したとみて事件と事故の両面で調べている。

【関連記事】
東京・江東区の死亡ひき逃げ タンクローリーの男性運転手を書類送検
津軽海峡で無人の漁船漂流
中国人学生が線路に転落、列車通過も無事 東京・上野駅
事故処理中の警官重傷 車の衝突を避け、高架から12メートル下に転落
ゲームカードを取ろうと…新潟の小5、川に転落し死亡

高校無償化法 成立、4月1日から施行 朝鮮学校は先送り(毎日新聞)
損賠提訴 自転車欠陥で転倒 障害残った男性、輸入元を(毎日新聞)
参院選候補の三橋氏殺害を予告 2ちゃん書き込みの男を任意聴取 警視庁(産経新聞)
「パーマゆるい」と因縁、料金の倍額脅し取る(読売新聞)
「橋下新党」旗揚げ、大阪府議会に新会派(読売新聞)

厚労省再生元年の原動力に―長妻大臣が新採職員に訓示(医療介護CBニュース)

 長妻昭厚生労働相は4月1日、新規採用職員入省式で、「政権交代後初の採用。厚生労働省再生元年の原動力になっていただきたい」と、約100人の新職員に訓示した。

 長妻厚労相は、同省再生のため組織力の強化に取り組み、「国民に奉仕する役所に生まれ変わらせる」との決意を示した。その上で、一番重要なことは「現状把握能力」と強調。「現状を正確に把握していないと、どんなに立派なビジョンの政策も的外れな政策になりかねない」と述べた。
 また、現状を把握する上で障害となるのは「おごり」と指摘。「『おごり』は事実を見る目を曇らせ、批判を聞く耳をふさぎ、全体像を正しく想像する思考を鈍らせる」とし、省全体から「おごり」の一掃に取り組む考えを示した。

 さらに、厚労省には新しい政策を分かりやすく説明する能力や、政策の効果や影響を検証する能力などが不足しているとの認識を示し、「これらの能力に注力して仕事をしてほしい」と呼び掛けた。


【関連記事】
「組織改革本番の年に」―長妻厚労相
「今は介護を立て直す大きなチャンス」-長妻厚労相が「介護の日」に
「コンクリートから人へ」で医療費抑制を転換―鳩山首相が所信表明
長妻厚労相、「まず現状把握」
「マニフェストの熟読を」―長妻厚労相が訓示

フグの缶詰「ふく缶」発売 山口・下関(産経新聞)
坂本龍馬像 迫力、展望台で大接近…高知(毎日新聞)
子ども手当法案成立 1人月額1万3000円(産経新聞)
国民生活センター理事長、応募33人全員が不合格(読売新聞)
有識者委員ら文書欠落を批判 日米密約で参考人質疑(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。